コンテンツ

水のトラブルによる修理費を保障してくれる保険があるってホント?

水のトラブルがおきたとき、場合によって部品の交換や修理が必要になる場面もあります。修理屋さんへ工事料金を支払うことになりますが、代金を支払う前に加入している保険を確認してください。今現在、火災保険や個人賠償責任保険に加入している方は水のトラブルを保証してくれるケースがあります。

■火災保険に加入している方へ

一般的に火災保険の対象となるものは水道管や排水管、トイレの水洗設備などです。例えば、外気温が低くなったことで凍結が起こり、水道管が破裂した場合は火災保険が適用されます。寒くなれば凍ることは予想できても、さすがに水道管が破裂するとは想像できないだろうということから保険の対象になると言われています。保険の対象にならないのは、例えば湯船のお湯が溢れて水が漏れたときや、洗濯機の排水ホースが排水管の入り口から外れて水漏れしたときなどです。ちなみに建物の老朽化による雨漏りも保険対象外になります。

■個人賠償責任保険に加入している方へ

個人賠償責任保険は、私たちの暮らしの中で誰かに怪我をさせてしまったり、何かを壊してしまったときに適用される保険です。水のトラブルの場合、例えば集合住宅で暮らしていて、隣の部屋などに被害を与えてしまったときに個人賠償責任保険が適用されます。自分の部屋で水漏れが起きて、下の部屋に大きな被害を与えたとします。高価なものがダメになったり、部屋の修理が必要となれば100万円以上のお金が必要になることもありますから、この機会に保険を見直してみることをおすすめします。

■まとめ
水のトラブルはいつ起こるか分かりません。個人賠償責任保険は火災保険の特約として付けることもできるので、今一度保険の内容を確認してみてください。万が一水のトラブルが起きた場合、対象となる場合は修理費や工事費が高くなっても保険へ加入していれば安心でしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ